千葉県内を中心に、交通誘導、施設警備に従事する会社です。

 中央警備保障(株)は、千葉県の警備会社です。

  

 主に千葉県内を中心に、空調機器、電気設備等、施設メンテナンスに伴うラフタークレーン等重機作業に伴う交通誘導、精密搬出入に関する工場内での歩行者、車両の誘導を中心に営業しております。

 

 安全第一をモットーに一般歩行者など第三者はもちろん、現場作業員、警備員自身にも事故のないように徹底した安全教育を行っております。

 

 

 交通誘導は東京23区内でもご相談を承ります。 

 

 また、工場、ビルなど施設の巡回等、人員を配置した常駐型の施設警備もご相談の上、最善の警備を提供いたします。

 

 警備に関する仕事のご依頼、ご相談は、お問い合わせフォームから、または、e-meilにてお気軽にご相談ください。

 

 

 また、現在、交通誘導警備員のアルバイトスタッフを募集しております。

 

 詳細はHP内のアルバイト募集をご覧ください。

 

 

 

2019年

1月

29日

厳しい冷え込み

この週末、夜勤で現場に出ておりましたが、気温の冷え込みと風が強くなったことが重なり、想像以上の厳しい寒さでした。

これほどの寒さとは思わず、朝まで凍えての仕事となってしまいました。

やはり、十分な防寒対策が必須です。

これから、徐々に暖かくなってくるとは思うのですが、それまでのひと月が油断できません。

夜勤で現場勤務のある方々は防寒対策しっかりとしましょう。

2019年

1月

18日

煽り運転

 大阪で煽り運転の末に、走行中のバイクに時速96kmで追突し、バイクの運転手を死亡させた事故に関する裁判で、殺人罪で18年の求刑がなされました。

 個人的な意見ですが、犯人のドライブレコーダーを見る限り、殺人罪での起訴は妥当としか思えません。

 昨今、煽り運転や車による歩道への乗り入れ暴走事件などがクローズアップされています。

 歩道への暴走が事故である場合はまだしも、無差別に殺意のある行為であった場合、避ければ済むのかというとそうもいかないケースもあるようです。

 幸いなことに、交通誘導中にこのような現場に遭遇しておりませんが、こういったケースへの対応を真剣に考えて取り組まねばならないように思います。

 以前から、挙動のおかしな車を見かけたら、仲間警備員、作業員に注意するように声をかけるように推奨していますが、どこまでの挙動で判断するかというのは難しいのが正直なところです。

 警備員の仕事では、円満かつ安全な交通規制と誘導をするように指導しておりますが、自分の命を守る事も重要視するように指導しております。

 車が突っ込んで来たときに逃げ場所を想定しておくことが命を守る一歩です。

お問い合わせ

TEL:    043-232-2761

e-meil 

 chiba@cyuou-keibi.jp

 

 

 

営業時間

電話にてのお問い合わせは、9:00 ~ 17:00 (月~金)

土日祝日もお問い合わせフォーム、メールは随時承ります。